おすすめLEDキャンドル 4選

LEDキャンドル|後悔しない為の購入ポイント

LEDキャンドルは拡大傾向があり商品が豊富です。

その為、割高な商品でも購入してしまうケースがあります。

そうならないよう、本物のキャンドルにも負けないような雰囲気作りを楽しめ、更にリアルにはない利便性を追求した、とっておきのキャンドルをご紹介します。
2020/11/2

LEDキャンドルの選び方

これがキャンドル選びのポイントだ!

  1. リアル感覚
    キャンドルの外観にワックスが塗ってある商品があります。
    それは手触りまで本物の蝋燭とかわりません。
  2. デザイン性
    主に4点にポイントを置き考えました。

    • 本体の色のみでなく、炎の色も考慮しました。
    • サイズ
      棚、床、テーブル、等様々な場所に置くためには「長さと太さ」を考慮する必要があります。
      オシャレ感も大切ですが、安定感、安全性を重視することが求められます。
    • 灯(ほのお)
      ゆらゆらと揺らめく炎があってこそ、安らぎを得ることが出来ます。LEDキャンドルなのに炎が揺らめきます。
  3. 利便性
    リモコン、タイマー、一括充電、等便利な機能付き商品が存在します。
  4. 安全性
    火を使用しないので安全性は高いといえます。
  5. ランニングコスト
    普段使いするなら充電式又は充電式乾電池対応をお勧めします。ボタン電池式は面倒!

コストとリアル感覚が決め手

  • リアル感覚
    ワックスがリアルなキャンドルとそん色ない。

  • 落ち着く色合い。心安らぐ電球色。
  • サイズ
    キャンドルのサイズが異なり場所に合わせることが出来ます。
  • 灯(ほのお)
    ゆらゆらと炎が揺らめく、2メートル離れると本物の炎と間違えるほど。
  • 利便性
    リモコン付き。タイマー機能があり、決まった時間にON、OFF出来る。
  • 安全性
    きわめて安全性が高い。
  • ランニングコスト
    単3電池 2本で稼働する。充電式電池に対応している。
  • 備考
    更に購入価格も2,000円程度で超コストパフォーマンスが高いです。
    現時点でこれ以上の商品は見つかりません。

おすすめ1


おすすめ2





クールな逸品

充電テーブル付きキャンドルセット
実際使い始めると意外に大変なのはキャンドルの充電だ。でもこれがあれば大丈夫!それが充電テーブル、一気に充電が完了する。これなら突然の来客の飾りつけにも間に合う!

充電テーブル付きキャンドルセット






低価格+大量
LEDキャンドル
AMIR LED キャンドルライト LEDキャンドル ろうそく 癒しの灯り 揺らぐ炎 リアル感 火を使わない 安全 省エネ 長持ち 便利 おしゃれ クリスマス 結婚式 誕生日 室内 室外飾り インテリアライト (12個セット)LEDキャンドル


合わせてチェックしたいシャンデリアLED電球