リストラップで手首保護|安全対策

LINEで送る
Pocket

おすすめリストラップ

手首用サポーターは欠かせない

筋トレで欠かせないのが ” 良いコンディション ” を継続させることです。
体が痛いとBESTを発揮できないばかりかトレーニング自体が不安で休みがちになります。

特に「手首」は酷使されるため痛めやすく、完全安静に出来きず回復が遅れる部位でもあります。

そこで、腕立て、ダンベル、ベンチプレスなどの手首を酷使するシーンでも安心してトレーニング出来るよう手首をサポートする ” リストラップ商品 ” をご紹介します。

リストラップ
リストラップなら手首固定と保護を同時におこなえる

リストラップの目的

リストラップで手の反り返りを防ぎ安全性を高めます。プッシュ系種目で手首を立たせ、力をストレートに伝えることが可能になります。






FERRY リストラップの利点

  • 柔軟性
    様々なトレーニングで使用しています。親指フック(指を通すゴム)があるのでずれません。
  • 収縮性
    手首の曲げ伸ばしに不安なく適応します。生地の硬さが絶妙で固定度は高いのに痛くはありません。
  • パワーアップ
    力が伝わりやすくなります。強く巻くと前腕(腕の肘(ひじ)から手首までの部分)が太くなるように思え力が漲(みなぎ)ります。
  • 適応性
    初心者からベテランまで使用できます。ジム歴6年の筆者でも十分使えます。
  • 耐久性
    何度でも洗え、すぐに乾きます。手首に巻いたらマジックテープで簡単に留められます。その為「付け外しが容易」です。

巻き方にもコツ

サポーター
手首からしっかり巻き付ける

手首を強くサポートするには手首と手のひらの境目から強めに巻きます。これで手首がしっかりと固定され力が入りやすくBESTな状態になります。

たとえばオリンピックの重量挙げの選手が試技直前でリストラップを巻き直すしぐさは記憶に残っています。

但し、経験上 強く巻くと力は入りますが、血流が妨げられる可能性があるので、試技の直後に緩めるアクションが必要と思います。

まとめ

痛める前に攻めの保護を!

腕立て伏せからベンチプレスまで重宝します。安心感が高まり、普段のトレーニングでも「もう1レップ」とのポジティブな気持ちになりモチベーションを高めます。

また付けないトレーニングが不安になるほどの安心感が芽生えます。

初心者でもこれからパワーを上げたい方にお勧めしたい逸品です。

デザイン違いで3個持っていますが洗濯するので複数個あると清潔が保てます。

ほしい逸品
you tube常連のタイ人トレーナーが使っているゴールドジム製